HOME>イチオシ情報>気をつけることとその仕組みをよく理解しよう

どのような仕組みなのか

店員

最近は、営業マンとは異なりラウンダーと呼ばれる仕事があります。この仕事の特徴は、通常の営業マンと似ている部分があります。それは、その会社の商品が置かれているお店を巡回することです。ただ、巡回するだけでなく商品の陳列やアピールなども兼ねてお店を訪問します。これにより、自社の商品の売り上げをアップさせるのが真の狙いといえるでしょう。このように、営業マンとは本来的に仕事が異なりますが、元々営業マンが忙しくなければラウンダーの役割を果たしていたはずです。ところが、営業マンは営業に選任することで商品の陳列などをする余裕がなくなってきています。そこで出てきたのが、ラウンダーといえるでしょう。

知識を充実させておくこと

男女

これからラウンダーの仕事をするとすれば、しっかりとした知識を身につけておくことが必要になります。自社の製品も重要になりますが、ほかの会社の製品についてもよく調べておくことです。特に、類似製品に関してはどのような点が違うのかを見ておかなければいけません。例えばお客さんからほかの会社の商品との違いを説明された場合、答えることができなければ商品のアピールにはならないからです。そのため、ある程度しっかりとした準備をすることに気を使いましょう。

陳列方法なども考えておく

店内

商品の売り上げは、使ってみてから人気が出るパターンと、陳列の仕方で人気が出るパターンがあります。そこで、ラウンダーは陳列の仕方について事前に学んでおきましょう。どのような並び方が一番売れやすいのかを気をつけて見ておくと、およそその商品にとってより安い並べ方がわかるはずです。もちろん、他社の製品もありますのであまりアピールをしすぎてはいけません。さりげなくポップなどをお店に貼らせてもらうようにしてアピールするのがよいです。

広告募集中