HOME>特集>営業担当者に代わって巡回するサポーターは重要です

巡回する営業サポートの仕事

店内

ラウンダーとは、自社商品の売り上げを高めるために忙しい営業担当者に代わって、店舗を巡回して回る仕事です。スーパーやドラッグストア、百貨店などに赴き、販売促進を目的に働きます。その種類は、スポットラウンダーと定期ラウンダーの2種類があり、それぞれに特徴と効果が異なっています。

スポット的に働く巡回員

店員

スポットラウンダーは、小売店舗の売り場で本部の意思決定に従って担当する作業員で、時には物資を運ぶ軽作業も伴います。短期間での働きが多く、全国展開するキャンペーンなどのときに、同時開催する多くの店舗に同時に配置する必要があるときに有効に活用できます。

定期に働く巡回員

会議

一方の定期ラウンダーは、コンサルタントやルート営業よりの仕事で、情報分析や小売店側との陳列交渉などもする対極的なメーカーのサポーターといえる仕事をします。新商品の提示や陳列方法など、売り上げ促進に関わる交渉を請け負うものです。商品の説明・補充・並べ方・新しい提案に至るまでの業務を行います。期間も長く、営業担当者やクライアントとのコミュニケーション能力も必要となります。

適切な活用の方法が必要

店員

また、営業目標という観点で考えると、営業マンラウンダーと販促担当ラウンダーという2種類の考え方もできます。前者には売り上げ目標が課せられ、後者はクライアントや消費者とのコミュニケーション能力が問われます。どのような営業方針を取るかによって、巡回員の活用の仕方が変わってきます。

広告募集中